インプラント治療



┃インプラントについて
インプラントは骨と結合することが発見されてから40年以上の実績があります。その間さまざまな改良が加えられ対応できるケースも広がり、欠損修復においては現在では最も理想的で確立された治療法です。

当院では全症例、院内でのCT撮影とシミュレーションソフトによる診断を行い、安全で安心なインプラント治療を目指しております。また、埋入手術のご相談以外にも他医様処置インプラントのメインテナンスや上部構造の修理、セカンドオピニオンにも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

使用のインプラントは世界的に普及しているバイオメット3i社、ノーベルバイオケア社の製品です。



┃インプラントの特徴
POINT1
周囲の歯を削る必要がなく、健康な歯や既存のかぶせ物を維持したままで欠損の治療が可能です。
POINT2
骨と強固な固定により、取り外し義歯とは異次元の確実なかみ合わせが得られます。それにより、周囲の歯の健康維持にも大きく貢献します。
POINT3
違和感の少ない、天然の歯とほぼ同等な美しい自然な歯が得られます。
POINT4
固定式の歯を作ることができるため、取り外し式義歯のデメリットである違和感審美性、咬合時の痛み咬合力の問題などほとんどが解決可能です。
POINT5
噛む機能が回復することで食事の制限はなく、おいしく食事が楽しめます。楽しい食事は身体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。



┃インプラント治療のメリット・デメリット
メリットデメリット
・健康な歯を削らずに治療ができる

・自分の歯と同じような咬み心地が得られる

・違和感がない

・自然で美しい見た目が得られる

・ずれたり外れたりしない

・他の方法に比べて骨の吸収は少ない

・上部構造(かぶせ物)は修理や改造が可能で、将来のかみ合わせの変化にも対応できる

・装置の寿命はブリッジや取り外し式義歯など他の方法に比べて長い
・抜歯と同程度の手術が必要

・他の方法に比べて治療費が高額になる場合がある

・全身疾患や骨に問題がある場合治療できない場合がある

・・・・・・・・・



┃入れ歯のメリット・デメリット
メリットデメリット
・費用が安い

・保険の適応がある

・手術が不要

・・・・・・・・・






・ばねをかける歯に大きな負担がかかる

・義歯が乗る部分の骨や歯ぐきに大きな負担がかかる

・違和感が大きい

・十分なかみ合わせが得られず、食事の種類に制限がある

・周囲の歯に負担がかかり、欠損が拡大しかみ合わせが崩壊する場合もある

・発音に問題がある

・見た目が悪い

・臭いが出やすい

・食事がしにくかったり、味が楽しめない

・食事ごとに取り外して清掃が必要

・頻繁な調整でも解決できない痛み、違和感に悩む

・骨の吸収のため、必ず数年おきに修理か作り直しの必要がある

・不意に外れることもあり、誤飲事故も多く報告されている




┃インプラント治療の流れ

[STEP1] 診査・診断
img
一般的なレントゲン撮影、歯周病の検査、歯の型取り等をおこない診査・診断のための資料とします。その後、院内の技工室にて最適なインプラントの位置、他の歯の治療の必要性について予測した模型の製作をおこないます。

次へ

[STEP2] フィクスチャー埋入の手術
フィクスチャー埋入の手術
人工歯根のフィクスチャーを手術により顎の骨に埋入する手術を行います。局所麻酔を用いて行いますので、安心して手術を受けることができます。

次へ

[STEP3] 治癒期間
その後、骨とインプラントがしっかり結合するまでの治癒期間を設けます。(3ヶ月~6ヶ月)治癒期間は骨の質などにより個人差があります。この間、必要に応じて仮の歯を入れる場合があります。

次へ

[STEP4] アバットメントの連結
フィクスチャー埋入の手術
人工の歯の支台となるインプラントの部分(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。この時、簡単な手術を行う場合があります。

次へ

[STEP5] 人工歯の装着
フィクスチャー埋入の手術
インプラントを含めたお口の中全体の印象採取(=型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

次へ

[STEP6] メンテナンス
img
インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。また半年後に一度、インプラントの状態を見るため、定期検診を受けることをおすすめしています。

治療ケースの写真はこちら

▲ページTOP

(c)村上歯科